ベビ待ちで高齢の人のリスクとは

最近は晩婚化が進み、30代後半〜40代で初産を迎えている女性も増加してきています。また若くして結婚した場合でも、なかなか授からずベビ待ちをしているうちに高齢になってしまったという場合も非常に多いと思います。高齢でのベビ待ちにはどのようなリスクがあるのでしょうか。
まず大きな問題は卵子の老化です。卵子は女性が産まれたときから体内にすでに備わっているもので、新しく作り出されているわけではありません。つまり年齢が高くなるほど、老化が進んでいる卵子が排卵されてくるということになります。老化した卵子には染色体異常をもっているものの割合が多く、受精しない・着床しない・着床しても流産してしまうなどによって不妊になる可能性が高くなります。また運よく育ってくれた胎児でも、なにかしら障害をもっていたり先天性異常の割合が高くなることが知られています。特にダウン症のリスクは35歳以上になると急激に上がります。そういったリスクを理解し受け入れたうえで妊活をする必要があります。
次の問題は母体側のリスクもあがるということです。特に不妊治療をしている場合、排卵誘発剤やホルモン剤など様々な薬剤を使用します。若い年代に比べて高齢になるほどそれらによる副作用が起こりやすくなります。また無理な排卵誘発を続けることで卵巣にダメージを与え、排卵の乱れや閉経を早めてしまう可能性もあります。そういった治療を乗り越え、妊娠できた場合にもまだまだ安心はできません。高齢妊婦は切迫流産や切迫早産になる確率が高いのです。また体力も若い年代よりは落ちていますので体重増加に伴う腰痛などのトラブルも出やすくなります。妊娠中はなるべく無理をせず、休めるときには休むということを心がける必要があります。
そして続いての問題は出産後です。出産後の母体の回復にも時間がかかりますし、育児にかかる労力は大変なものです。高齢出産の場合、両親も高齢でサポートを頼むことが難しい場合も多く、子育てにおいて体力的・経済的に様々な問題を抱えることがあります。
これらのリスクをすべて踏まえたうえでベビ待ちを続けるかの選択をする必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

妊活を始めたプレママ・パパのためのサプリメント選びについてのサイトです☆

赤ちゃんが欲しいと思った時から身体を整えて迎え入れる準備が大切です♪

⇒⇒ ベビ待ちさんに葉酸サプリ!おすすめランキング♪ 妊活を応援します!