ベビ待ちさんには葉酸サプリが効果的!

ベビ待ちに葉酸サプリがおすすめ!

ベビ待ち卒業のための葉酸サプリ

結婚してから数年。生活も落ち着いてきたタイミングで、そろそろ赤ちゃんが欲しい!そう思っているベビ待ち女性は多いのではないでしょうか。そう思い始めてすぐに授かることができるのが理想ですが、なかなか授かることができないカップルも。

 

病院へ通ったり、不妊治療を始めるのはためらってしまうけど、数年子供ができていないのはやっぱり気になる……

 

そんなベビ待ちさんにおすすめしたいのが葉酸サプリです。

 

葉酸はベビ待ちさんにはぜひ積極的に摂ってもらいたい、妊娠には欠かせない栄養素なのです。手軽に始められ、効果も期待できる、ベビ待ち脱出の第一歩として、葉酸サプリを摂ってみましょう!

 

 

 

ベビ待ちさん・妊活家族のための葉酸サプリ【おすすめランキング♪】

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリの特徴

女性に不足しやすい成分がバランスよく配合された「ベルタ葉酸サプリ」。最大の特徴は葉酸を酵母させることによって、通常の合成葉酸よりも体内に長く滞在できることが可能になった酵母葉酸を100%使用しているところ。効率よく葉酸を摂取することができます。

また、食品中の葉酸は小腸粘膜になる酵素によってモノグルタミン酸に分解されてから吸収されるのですが、このサプリの葉酸はすでにモノグルタミン酸型葉酸であるために、素早く吸収されるのです。

栄養士もおすすめしている高品質で、妊活中に必要とされるたくさんの要素が詰まっています。葉酸をはじめ、鉄分、カルシウム、美容成分6種類、ビタミン・ミネラル27種類、野菜21種類と、ベビ待ちさんにはとても頼もしい成分がズラリ。

公式HPでは、当日発送宣言をしており、17時までに注文すれば当日に発送してくれる嬉しいサービス付き。今すぐ始めたい!その気持ちを大切にしてくれています。お得に購入したのであれば定期便をチョイス。通常価格よりも33%OFFの3,980円(税抜)に。

価格 定期コース3980円
評価 評価5
備考 葉酸サプリ売上・満足度・人気度で第1位☆ モンドセレクション金賞☆

妊活ならはぐくみ葉酸で始めよう

はぐくみ葉酸の特徴

「はぐくみ葉酸」の特徴は、オーガニックレモンから絞った葉酸を用いているところ。およそ100個からわずか1rしか搾り取れない貴重な葉酸で、とことん自然由来にこだわった葉酸サプリです。厚生労働省が推奨している、吸収率が約2倍高いといわれている酵母由来のモノグルタミン酸型の葉酸も配合されています。

また、妊娠中に必要な鉄分やビタミンを国産の22種の野菜から、天然ビタミンCを真っ赤なアセロラから、カルシウムやミネラルを沖縄産サンゴカルシウムから、ミネラルやアミノ酸を九州産のクロレラから。
これら20種類以上のビタミン、ミネラルを1日分補給できる、自然の恵みから全絞りしているサプリメントです。ベビ待ち中から、妊娠中、授乳中と、大切な時期をずっとこれ一つでまかなえます。

また、会員になると、管理栄養士により食事のアドバイスを受けられるという嬉しい特典も。さらに毎月300名様限定で、毎月お届けコースがなんと71%OFFの1980円(税抜)に!始めるなら公式HPをチェック。

価格 定期コース初回1980円
評価 評価4
備考 10日間の安心返金保証付き!継続の縛り無し!

葉酸サプリ「ベジママ」

ベジママの特徴

「ベジママ」には、ベビ待ちさんが絶対摂っておきたい葉酸、アメリカでは不妊治療の初期段階にも利用される植物性由来の新成分ピニトール、豊富なミネラルを含むルイボス、ホルモンバランスを整えるビタミンEやストレス緩和に効くビタミンCなどの成分がしっかりと入っているので、効果が期待できます。

また、本当に必要なものだけを摂ってほしいという考えより、必要以上の摂取は望ましくないと、鉄分とカルシウムは含まれていません。余分なものを含んでいないために、体に優しく続けやすいのが特徴です。また、粒が小さくて飲みやすく、ストレスなしに続けることができるのも嬉しい配慮です。

現在公式HPでは、先着500名様限定で、定期コース初回分を50%OFFの2,750円(税別・送料無料にて提供中です!2回目以降もすっと15%OFFで購入可能、さらに初めての方は初回購入が全額返金保証付きです。お得に始めるなら今がチャンスです!

価格 定期コース初回2750円
評価 評価3
備考 全額返金保証付き!継続の縛り無しで1ヶ月目から解約可能!

ベビ待ち専用サプリメント

美的ヌーボプレミアムの特徴

「美的ヌーボプレミアム」は名前にもなっている通り、ベビ待ちさんに必要な栄養素にプラスして、美容面のケアもしてくれるというサプリです。

普段通りに過ごしているのでは、摂ることがむずかしいとされる、27種のビタミン・ミネラルに加え、葉酸はもちろん、マグロやカツオなどの青魚に含まれているDHA&EPA(天然無添加)を配合。ベビ待ちさんにとっても必要とされる栄養成分がぎゅぎゅっと詰まっています。また、葉酸は厳選された野菜や果物など、すべて天然素材から使用して作られています。体に負担なく安心して続けられます。

まずは試してみたいという方には、お試し5日間という商品があります。初回おひとり様1回限定ではありますが、送料無料で980円(税込)で試すことができます。
また、毎月お届けコースを申し込むと20%OFFの6,912円(税込)とお得に。ただ、現在一時完売中につき発送が遅くなっているので、詳しい日程は公式HPより確認ください。

価格 定期コース6912円
評価 評価3
備考

 

 

 

ベビ待ちさんに必要不可欠!葉酸って何?

 

ベビ待ちさんや妊婦さんなどに葉酸が必要な栄養素ということはなんとなく知っている方も多いかと思いますが、実際にどんなものなのかをご存知でしょうか。

 

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。
代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため、細胞が新しくつくり出される場に必須の栄養素です。ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助けるビタミンでもあります。

 

そのため、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。
2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています。

ベビ待ちさん〜妊婦さんに葉酸が必要な理由とは?

 

葉酸はベビ待ちさんにはどんな効果があるのでしょうか。
妊娠するためには受精卵が子宮内壁に着床することで妊娠したことになります。そのためには子宮内壁を強化し、受精卵も守られることで、妊娠しやすい体にする必要があります。

 

葉酸と、葉酸サプリに含まれているビタミンEの抗酸化作用が卵子の老化を防ぎ、子宮環境を整えてくれるので、妊娠力を高めることにつながるのです。

 

また、妊娠中には、新鮮な血液が十分赤ちゃんに流れなくなると、空気も栄養も届かなくなるので、それが流産の原因にもなります。

葉酸を摂取することによって新鮮な血液を体の中で作り出すので、赤ちゃんがお腹の中で元気に成長していきます。

 

もしも妊娠初期段階で葉酸不足になると、赤ちゃんが先天性異常になるということも分かっています。妊娠初期の葉酸不足により、細胞が作り出す働きが鈍くなり、脳や脊髄に影響を与えてしまうことがあるのです。
この中枢神経が正常に作られないと、先天性異常をもった赤ちゃんが生まれたり、死産につながる危険性がとても高くなります。

 

妊娠すると、より葉酸の1日の必要摂取量は増えていきます。その際に普段の食事から摂るだけでは不足しやすいため、吸収率の高いサプリメントでの摂取を厚生労働省は推奨しているのです

 

 

ベビ待ちさん必見!葉酸サプリの選び方とは?

放射能検査が行われているか

葉酸は主にほうれん草などの緑黄色野菜から作られています。実は多くの野菜は福島をはじめとする北関東で作られています。

 

東日本大震災での福島第一原発の事故により、大量の放射能が放出され農作物に大きな影響を及ぼしたことは知られていると思います。
自分の体内に入るもの、そしてベビちゃんにも直接影響を及ぼしてくる可能性があるものです。

 

葉酸サプリを選ぶうえでも、放射能検査が行われているかどうかのチェックをするようにしましょう。検査を行っているかどうかは公式HPなどをみると記載されていますので、購入前に一度確認を。

 

モノグルタミン酸の葉酸サプリかどうか

葉酸は、モノグルタミン酸とポリグルタミン酸の2種類に分かれます。

 

オススメしたいのはモノグルタミン酸の葉酸サプリ。モノグルタミン酸は水溶性のビタミンB群の一種で、血液を作る上でとても重要な働きをします。

 

さらにモノグルタミン酸の葉酸は吸収率がよく、ポリグルタミン酸の葉酸に比べて2倍!葉酸が同じ量が入っていたとしても、体内に吸収される量が異なってきます。

 

葉酸サプリという名前だけで購入するのではなく、どのような葉酸を使用しているかを見極めてみるのも大切です。

 

ベビ待ちさんにとって良い成分が豊富なものを

葉酸にプラスして、なかなか摂取がむずかしいビタミンB6、B12、ビタミンCが配合されているものはオススメです。
また、妊娠してからも続けて飲みたいと考えているのであれば、ビタミンAが配合されているサプリを摂取することで、麻疹や小児マラリアの症状軽減や呼吸器系の感染症、HIVなどの感染率が低下することが期待できます。

 

 

葉酸はいつからいつまで飲めばいいの?

葉酸は妊娠前から妊娠後まで一貫して必要な成分です。

 

葉酸は水溶性のため、食品からの吸収率が多くなく特に不足しがちな成分。不足しないように毎日摂取することで、こんな効果が期待できます。

  • 胎児の先天性異常の発生リスクの減少
  • 流産のリスク軽減
  • 産後の子宮回復効果
  • ママの貧血予防

産まれてきた赤ちゃんの成長にも必須な成分。授乳中にも摂るべき成分です。

染色体異常を軽減する効果もあるので、赤ちゃんを望む男性にもとって必要な成分です。

 

夫婦でトライ! 男性も必要な葉酸サプリ

実は、妊娠のための取り組みは、女性だけでは不完全です。

 

当然のことながら、卵子と精子が合体して胎児となるわけで、精子の状態によって妊娠ができなかったり、流産が起こりやすいということもあり得るのです。そのために必要なことが元気な精子を作り出すことが必要不可欠。

 

男性が葉酸サプリを摂取することで、精子が強化されしっかり受精まで至ことができるようになります。

 

また、精子でも異常のある精子もたくさんあり、ほとんどは受精できません。
受精したとしても流産という形が殆どで妊娠には至りません。その奇形の精子の発生を防ぐためにも葉酸の摂取が推奨されています。仮に無事出産に至っても赤ちゃんに障害が出てしまうこともあります。

 

このような染色体異常のリスクの割合が減少することも確かめられていますので、是非男性も積極的に葉酸サプリを摂取するようにしましょう。

 

男性も妊活に参加し、一緒になってサプリを摂ることで連帯感も生まれます。二人で頑張っていこうというスタンスで、旦那さんにも積極的に協力してもらいましょう!

 

 

効果的に葉酸サプリを摂る飲み方は?


サプリは薬とは異なり、飲む時間が決められていません。しかし、一番効果的な飲み方があるのであれば、参考にしたいですよね。

 

葉酸は、水溶性のビタミンですので、おなかお腹に何もない状態に摂取するほうが吸収が高まります。つまり、効率よく摂取したいのであれば、食間に飲むのがベスト。

 

だいたい食事の2時間後がいいとされています。

 

また、水溶性のビタミンは一度に多く摂取すると尿として排出されやすいという性質があるので、一日分を数回に分けて摂取するようにしましょう。


つまり、朝食の2時間後、昼食の2時間後、寝る前といった分け方が理想的です。

 

寝る前は肝臓の機能が低下しているのでサプリの成分が血中に多く吸収されやすい状態です。寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されることでサプリの栄養が活性化されるので、より効果的なのだそうですよ。

 

また、飲むときは必ず水で飲みましょう。間違ってもお茶やコーヒーで飲まないように!カフェインやタンニンにより、栄養の吸収を阻害されてしまいます。

 

 

葉酸を摂りすぎると危険なの?


ベビ待ちさんには必要不可欠な葉酸ですが、葉酸について調べていると必ず出てくるのが「摂りすぎには注意」という文字。どんなに体にいいものでも過剰摂取は禁物ですが、葉酸を摂りすぎるとどんな症状が出てくるのかを知っておきましょう。

 

一般的に葉酸の過剰摂取のレベルとなるのが1000μg。多くのサプリに含まれている葉酸の量は400μgので、かなり多いことになります。

1000μgを超えてくると、葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。

 

具体的には発熱やじんましん、かゆみといった症状が一般的です。また、ビタミンB12 欠乏症の診断がしにくくなることもあります。

 

このように聞くとサプリで葉酸を摂ることがいいことなのか迷ってしまうかもしれませんが、普段の食事から葉酸を摂ろうとしてもなかなか摂れないのが事実。

 

葉酸は熱にとても弱く、加熱時にほとんどの栄養素が消えてしまいます。例えば葉酸が含まれていることで知られているほうれん草ですが、生で食べることはほとんどありません。

 

食品から多くの葉酸を摂ることはできませんので、ベビ待ちさんには葉酸サプリが必要となるのです。

 

ベビ待ちさんにいいものだからと言って、葉酸サプリを決められた量以上飲んだり、葉酸が入っているサプリを複数飲んだりしなければ、過剰摂取になることはありませんので、ご安心を。

 

ただし、サプリを飲む場合はしっかりと量を守ってください。複数のサプリを飲む場合は、入っている栄養素をきちんと確認しましょう。

 

 

ベビ待ちさんにはルイボスティーがいい!


最近、多くの芸能人が好んで飲んでいることから注目が集まっているルイボスティー。
あまり知られていないかもしれませんが、ベビ待ちさんにとってもオススメのお茶なのです。

 

まず、ルイボスティーはノンカフェイン。カフェインはベビ待ちさんや、妊娠後も摂取を控えたほうがいいので、これからずっと飲み続けることができるお茶です。

 

 

そして、ルイボスティーに含まれるSOD酵素という酵素には、抗酸化効果があると言われています。抗酸化効果とは、体の老化を引き起こす成分である活性酸素を除去する働きのことで、アンチエイジングなどに利用されます。

 

高い抗酸化作用を誇るSOD酵素は、妊娠にも大きな影響を与えます。

 

体の中の酸素のバランスが活性酸素によって崩されてしまうと、妊娠がしづらくなってしまうため、活性酸素の増加を防ぐ必要があるのです。
活性酸素が取り除かれることにより、排卵が正常に行われるようになります。

 

排卵は受精、妊娠の初期段階なので、排卵がきちんと行われない事には赤ちゃんを迎えることはできません。また、活性酸素を除去することによって子宮の環境を整え、子宮をふかふかにします。着床がしやすい子宮ととなり、妊娠がしやすい体作りにつながります。

 

さらに、活性酸素には卵子を衰えさせる作用もあります。活性酸素を減らすことにより、卵子を守ることにもつながります。

 

特に、高齢出産を考えている人には、抗酸化作用のあるルイボスティーの積極的な摂取がオススメなのです。

妊娠しやすい体づくりの7つのポイント

 

バランスの良い食事

毎日の食生活はとても大切です。

忙しいからと言って、インスタント食品やコンビニ弁当などで済ませていると、栄養が偏り、体内の栄養バランスが崩れてきます。また、不規則な食事が続くと冷え性になったり貧血気味になったり妊娠力を低下させる原因になります。

 

炭水化物、タンパク質、カルシウム、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、バランスの良い食事を心がけましょう。
一日に30品目摂るのが理想です。毎日の食事が身体を作っていることを忘れずに!

 

身体を温め、栄養たっぷりの野菜のスープなどを多く取り入れると体質改善につながっていきます。

 

どうしても野菜が苦手であったり、仕事をしていたりして食事に気を遣うことができない場合は、葉酸サプリをはじめ、野菜やビタミンなどの不足がちになる栄養素が摂れるようにサプリを活用してみましょう。

 

体を温める

身体を冷やすことはNGです。特に下半身を温めるように心がけましょう。

 

夏でも冷房の効いた部屋にいたらおのずと体は冷えてきます。おしりが冷たかったら子宮も冷えていると考えて間違いありません。
靴下をはく、レギンスなどをはくなどの対策をとって、冷えから身体を守りましょう。また適度な運動をして血行を良くすることも大切。

 

ストレスを溜めない

仕事をしているとどうしてもストレスがたまってきてしまいますが、このストレスはベビ待ちさんにとって大敵。

ストレスが溜まると月経不順やホルモンバランスの乱れによる自律神経系の不調をきたす場合があります。

 

オンとオフをうまく切り替えてストレスを発散するようにしましょう。

 

タバコをやめる

喫煙は身体に直接悪影響を及ぼすものです。

 

タバコを吸う女性は排卵率が低下する恐れがあり、不妊治療も成功率が低いと言われています。
さらに、妊娠したら赤ちゃんの命をも危険にさらす恐ろしいもの。

 

喫煙者であるのならば、妊活中からきっぱりとやめて、きれいな身体で赤ちゃんを迎えたいものですね。

 

お酒を控える

妊活をするにあたって、医師が進めている禁酒。

 

全く飲むなというわけではありませんが、大量の飲酒を続けていると月経不順や無排卵月経などの影響が出ることがあります。
また、ベビ待ちさんということは、いつ妊娠してもおかしくない状態です。日常的に飲酒をしている人の体内で育った赤ちゃんは胎児性アルコール症候群という病気になる可能性が高くなります。

 

少しでも赤ちゃんへの負担を減らすべく、なるべくアルコールは控えた生活をしていきましょう。

 

カフェイン飲料を避ける

コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェイン。

 

カフェインを摂りすぎている妊婦さんは流産の危険性が上がってしまうことがわかっています。
コーヒーを1日8杯以上飲む妊婦では死産のリスクが高まるという報告があります。カフェインをたくさん飲むと血流量が減少するため、身体にもよくありません。

 

妊活中はなるべくカフェインレスの飲み物を選んでいきましょう。

 

いい睡眠をとる

実は卵子をつくりだす卵巣は、夜8時に寝るといわれるほど休息が必要な器官で、ホルモンバランスの影響を受けやすいといわれています。

 

22時〜2時を含めてしっかり睡眠時間を確保すると自立神経が整い、ホルモンの分泌を促す良質な睡眠を摂ることができます。忙しいとつい睡眠時間を削ってしまいがちですが、疲れも溜まりやすくなるためしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

特に排卵日前後は定時に帰り、お風呂に入る・岩盤浴に行くなど、自分の体をいたわるような生活に変えていくとよいでしょう。

 

適度な運動を取り入れる

日常に適度な運動を取り入れてみましょう。

 

激しいスポーツよりも、ウォーキングやマラソン、ヨガや体操など、有酸素運動のほうが効果的。体を動かすことで血行がとくなり、子宮の環境に良い影響を与えます。

 

激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやヨガなど、無理なく続けられる軽い運動がオススメです。冷え性の解消や良い睡眠にもつながります。

 

 

 

ベビ待ちさんにオススメの5大栄養素

  • タンパク質

タンパク質は体の構造の様々な部分を作る働きをします。
良質なタンパク質を摂取することで赤ちゃんにとって居心地のいい子宮を作ることができるのです。また、動物性タンパク質と植物性タンパク質をセットで採ることで、より有効になります。
食材:肉類、魚類、卵、豆腐、納豆、チーズなど

 

  • 鉄分

鉄は粘膜の材料となるので受精卵を受け止めやすくしてくれます。
また、妊娠成立後には胎盤を作るために鉄は必要となる栄養素です。鉄分は体の冷えを防止する役割も。
食材:レバー、ひじき、ほうれん草、パセリ、卵など

 

  • 亜鉛

亜鉛は、細胞を酸化から守るアンチエイジングの役目をしてくれます。粘膜の原料となり受精卵を受け止めやすくしてくれます。
また、亜鉛は男女ともに生殖機能の向上に不可欠と言われているので、夫婦で摂りいれたい栄養素です。妊娠中も、胎児の細胞分裂を促すために必要な栄養素です。
食材:カキ、ウナギ、チーズ、レバー、納豆、豆腐など

 

  • 葉酸

胎児の脳の発達や神経を作る働きに関係がある栄養素が葉酸です。
葉酸が不足すると、葉酸欠乏症となり、貧血などを引き起こす可能性が。妊婦さんであれば胎児に影響がでてきますので、常に葉酸を意識した食事を心がけたいものです。
しかし、葉酸は熱に弱いので、できるのであれば調理するのではなく、生で食べることをオススメします。また、食事からではなかなか推奨されている量を賄うことができないので、上手に葉酸サプリを取り入れていきましょう。
食材:アボガド、ブロッコリー、ほうれん草、モロヘイヤ、春菊、枝豆、ウナギなど

 

  • ビタミンE

アンチエイジング効果が高いと言われるビタミンEは、抗不妊作用があると言われていますが、妊娠機能を高める作用があることが分かっています。
具体的には排卵促進やホルモンを調整してくれる作用があります。また、体の冷えを改善する働きもあります。
食材:アーモンド、ウナギ、鯛、オリーブオイルなど